DHCの飲むコラーゲンの特徴

ニキビ予防のための洗顔

ニキビをケアするためには、洗顔が重要であると思っている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
実際、洗顔はニキビケアの基本であり、大切な要素となっています。
正しい洗顔を行うことで、ニキビの発生を防いでいきましょう。

 

・ニキビの出来にくい肌にするための洗顔のコツ

 

1.温水で毛穴を開く
初めに温水で顔を濡らしますが、このときの温度をあまり気にかけていなかった場合、毛穴の奥まで十分に洗えない可能性があります。
毛穴を開くためには、30℃〜34℃のぬるま湯で顔を濡らすことをおすすめします。
冷たい水の場合、毛穴が引き締まって、奥に溜まった汚れをかき出すことが難しくなります。
まずは、ぬるま水で顔をあたためて、毛穴を開いておくと、洗顔効果が高くなります。

 

2.泡で洗う
洗顔料は、しっかり泡立ててから顔に付けてください。
手で直接顔を洗うというよりは、泡で洗うようなイメージで、肌に直接触らないような感覚で洗っていきましょう。
泡でマッサージするように心がけることで、泡が毛穴の奥まで馴染んでいき、余分な皮脂や汚れを除去しやすくなります。
手で直接ゴシゴシ洗うと、肌を傷つけたり、せっかく取れた角質がまた毛穴に入ってしまうことがあります。

 

3.しっかり流す
汚れがしっかり取れたら、最後にしっかりすすぐようにしてください。
流し残しがあると、ニキビや肌荒れの原因となりますので、洗顔料はしっかりと洗い流してください。

 

このように洗顔には、注意すべき点があり、これらのことを意識して洗顔するように心がけることで、ニキビができにくい肌になります。