DHCの飲むコラーゲンの特徴

洗顔方法〜冬編

季節によって、肌の状態は異なっているのをご存知ですか?
季節が異なると、温度も湿度も違うため、肌の状態は異なります。
ですから年中同じ洗顔方法ではなく、季節によって洗顔方法を変える方がお肌には優しいといえるでしょう。冬はどのような洗顔が適しているのか紹介します。。

 

★洗顔方法〜冬編
冬は乾燥しがちな季節ですから、喉がかわきやすいように、肌も乾燥しやすいといえます。乾燥した肌は、保湿効果のある洗顔石鹸でケアしていくのがおすすめです。
もし、皮脂除去のパワーが強い洗顔石鹸を使用すれば、余計に乾燥する場合も考えられますので、注意しましょう。

 

気温が下がることに寄り、皮脂の分泌は少なくなりやすいといわれています。
この皮脂が肌の保湿には欠かせないため、洗浄力が強すぎるものより、保湿力の高い洗顔石鹸を選びましょう。もしもTゾーンなどの皮脂が多く、悩んでいる方がいれば、洗顔時に気になる場所へ泡をおいておきます。その後で洗顔をすれば周りよりも皮脂が取り除けるのでよいでしょう。

 

冬の洗顔は寒いので冷水を避ける方がおおいでしょうが、熱めのお湯で洗っては、皮脂が流れることがあります。肌がつっぱる、という悩みのある方はこれがげんいんかもしれません。冷水でなくても、人肌の温度程度のぬるま湯を用意し、洗顔すればいいので、熱湯を使用している方は、ぬるま湯へチェンジしていきましょう。

 

洗顔の基本は、泡だてネットなどでよく泡を立て、泡で洗顔をしていくことです。洗顔が終わってからも刺激を与えないよう気をつけながらタオルで水分を拭き取りましょう。この時もやさしく抑えるようにするとよいでしょう。
潤いのあるきれいな肌を目指して、季節ごとの洗顔方法を身につけましょう。